E-Stage Topia プロデュース公演 ‐同タイトルで違う作品を上演せよ。‐『hood』出演決定!

E-Stage Topia プロデュース公演 

   ‐同タイトルで違う作品を上演せよ。‐  

『hood』に出演決定しました!




 【日時】2020年7月22日(水)~7月27日(月) (全11ステージ) 

【劇場】上野ストアハウス 

 【脚本・演出】佐藤信也(疾駆猿) 

【企画・総合監修】若宮亮(エムキチビート) 


 タイトルは同じ。舞台セットも同じ。 しかしそれ以外は役者も、脚本も、すべて違う。 2人の演出家がどう『hood』を解釈し、上演する?疾駆猿の佐藤信也と、黒薔薇少女地獄の太田守信がそれに挑む。 2つのカンパニーで全く違う『hood』を創り上げる。


 【佐藤信也ver.あらすじ】

 敗戦国家・日本。 第二次世界大戦により、極貧状態の日本では、金銭目当ての犯罪が多く起きていた。 闇市では、混乱を避ける為、任侠達による管理が行われ、日々を生きる国民達は、先の見え ない国の行く末を憂いていた。

 そんな中、巷を騒がせる強盗団が現れる。 警察や探偵が動く中で、一人の半端なヤクザ者が立ち上がる。

 強盗団を捕まえ、街の治安を守ろうと躍起になっていた。 空襲や飢餓などで両親や親戚を失った子供達を集め、強盗団の情報を探る為、浮浪児の自警 団を立ち上げる。 一癖も二癖もある強かな子供達が、強盗団の正体を掴む為動き出す。

 しかし、これは街を揺るがす事件に発展していくのだった。 

 時代は記憶に埋もれていき、記憶に残らない。 しかし、血と縁は連なり、影は付かず離れないものだ。 次代を作っていく者達にすら、過去は容易に牙を剥く・・・。 

 【キャスト】(五十音順) 

井上貴々(劇団シアターザロケッツ) 

大橋篤

甲斐優風汰 

黒川一将 

鈴村あすか 

千歳ゆう 

奈良平愛実 

根本優奈 

波田地綾奈 

林里容 

原唯優子 

平島渉伍 

福永莉子 

牧野純基(黒雪構想) 

南衣舞 

八坂沙織 

吉岡優希 

鷲見亮


 【佐藤信也ver.『hood』タイムテーブル】 

 7月22日(水)14時~/19時~  

23日(木・祝)13時~/18時~  

24日(金・祝)13時~/18時~  

25日(土)13時~/18時~  

26日(日)13時~/18時~   

27日(月)19時~ 

 ※開場は開演の30分前 ※上演時間約100分予定 


 【チケット】(全席指定席) 

・両Ver.通しチケット(前売券)9000円 

・特典付きプレミアム前売席(キャストサイン入りパンフレット付き) (※座席ブロック指定可)8000円

 ・A席(前売券・当日券)5000円 

・A席初日割チケット(前売券・当日券)4000円 

 ※通しチケットをご希望の方は、【佐藤信也ver.】の公演にてご希望の回をご予約いただき、その際、備考欄に【黒薔薇少女地獄ver.】のご希望の回をご記入ください。

 ※初日割は22日14時公演・29日14時公演のみ適用されます。 


 【スタッフ】 

 【タイトル考案】元吉庸泰 

【脚本・演出】佐藤信也(疾駆猿) 

 【舞台監督】逸見輝羊(STAGE COMPANY) 

【照明】河上賢一(ラセンス) 

 【音響】堀江潤 

 【音楽】永井カイル 

 【舞台美術】古謝里沙 

 【デザイナー】北田岳史 

 【ヘアメイク】工藤聡美 

【カメラマン】中塚健仁 

 【DVD撮影】遠藤大介 

【票券・制作】清水瑞希(企画演劇集団ボクラ団義) 

 【当日制作】小林博明(エムキチビート)・淺田妃奈子(MIMOZA) 

 【プロデューサー】若宮亮(エムキチビート) 

 【企画・製作】E-Stage Topia】

0コメント

  • 1000 / 1000